クリエイターエキスポ

1・2021年クリエイターエキスポに出展してましりました、

今回も和柄押しでブースをコーディネートいたしました、
今回は新作1枚と旧作1枚の計2枚を看板にしました、

今年はデザイナーゾーンでの出展ですね、いつもはイラストレーターゾーンで出ていたのですが前回の受付開始のタイミングを間違えてしまい出遅れ、、、
おかげで条件の良い角のブースが埋まってしまい仕方なくデザイナーゾーンの空いてた角ブースを選択しました、

う~ん、やはりコロナの影響なのでしょうか?お客さんが少ない、、、交換していただいた名刺の枚数は例年の半分以下でした、

しかし色々なクリエイターさんやお客さんと知り合えたり以前来てくれた人が会いに来てくれたりとスゴく楽しかったです!
やっぱりこれがイベント出展の醍醐味ですね!

 

2・イベントだからこそ得られるもの「情報」

情報はググればいい、と思いがちですが実はググるとゆう事はコチラから目ぼしい所に網を投げてそこに有った物を手繰り寄せその中で自分の求めるものを探すイメージでしょうか、大抵欲しい情報は手に入りますが意外とコレゾ!とゆう情報が無かったりするものです、

しかしこーいったイベントなどでは様々なジャンルや経験を積んだ人たちが大勢集まり出展しています、
そしてその人たちと話をしていたりすると自分の知りえなかった有益な情報を教えてもらえたりします、

これは他の人が自分とは違う所に網を投げ、集めた中で洗練された有益な情報を自分に持って来てくれるのです、逆に自分が持っている情報を知らなかった人に持って行ってあげる事もできますね、

自分の場合思いつくだけでも

「ペイントソフトの知らなかった機能」
「知ってたら出展していたであろうイベント」
「目から鱗の営業方法」
「知らなかった業種」
「印刷、製造の裏技」
「特殊な製造加工を請け負ってくれる業者」
「その人その業種ならではの体験談に基づく有益・トラブル回避情報」

などとそもそも存在自体を知らなかった情報を知ることが出来ました、

今の所PCはこーいった情報をオススメしてはくれません、これは人同士だからこそできる情報共有なのでしょうね、

なので出展会に出るとゆう事は単に仕事の営業や作品アピールなだけではなく有益な情報を共有できる会でもあるとゆうことですね、

 

3・何と言っても楽しい

出展会に出る人ならやはりその分野の人な訳です、つまり周りで出展してる人はほぼ皆自分と同じジャンルの人間なのです、基本的に話が合わないはずがないのです、

出展会に出て自分の作品を展示するくらいの人同士ならなおさらです、

自分も男女問わず下は15歳(しかも販売物まで手掛ける出展クリエイター)から上は60オーバーの人まで仲良くして頂いております、会場では気兼ねなく楽しくお話ししてくれます、そして何と言ってもお互いの作品を見たりその回のブースコーディネートを見に行ったりと楽しい事いっぱいです、

出展をするとなると最初は確かに怖いものです、自分も最初少し怖かったです、しかしいざ出てみると前述のようステキな事がいっぱい待ってます、出るか出ないかで迷った事もありました、今はそこで出展の道を選んでよかったと心から思います、出ない道を選んだ違う世界線の自分はと思うとドンヨリしますね、、、

なのでこの記事を読んでもし出展イベントに出ようか悩んでる人が居ましたらとりあえず一回出てみる事をオススメします、きっとステキな事が待っているはずです!

 

参考までにクリエイターEXPOのURLを貼っておきますのでよかったら覗いてみてください、

https://www.creator-expo.jp/ja-jp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。